田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #234 復元完了

#234 復元完了

| トラックバック(0)

気が付いたら10日以上が経過してしまったが、前回の向風学校の田んぼ復旧作業を
上げておこう。
 
 
朝、みんなで作業内容・使用する道具・作業分担などについて話し合う。
慣れたので、普段は気にしていなかったが、ツナギ服の集団というのも周囲では
目立つのかもしれない。

本日の作業は.JPG
 
それにしても、参加者は男ばかり。田んぼってそんな色気ないのだろうか。
それとも、やっている作業が趣味の領域を飛び越えて、ハードコアになり過ぎたのか。
 
 

田んぼに行く途中に、スロットおじさんに会う。
  
あっちの田んぼです.JPG

若い人と話すと楽しいそうで何より。
田んぼまで一緒に歩いていく。

 
 
今回の主な作業は、田んぼの荒代かき。
しかし、アゼを直したり、大株になった雑草の根を掘り起こしたり、周囲の草を
刈ったりと、やることは盛り沢山。上手いことやらなければ、すぐに日が暮れてしまう。

あと少しで田んぼだ.JPG
 
それを知ってか、みんな黙々と作業している。 
 
 
I慣れてきた様子.JPG
 
安西くん、作業姿勢が最初と変化してきた。以降の土手刈りもこれで大丈夫かな?


 
しばらくして、田んぼの奥は土がやたら高く、土を引っ張ってくることが困難と判明。
さて、どうするか。
 
畑にするか・・・.JPG

結局、この区画より手前にアゼを作り直し、イネの作付け面積を減らすことにした。
残りの部分は、サトイモでも植えておく予定。
 
 
夕刻も近くなった頃に、ディーゼル管理機を引っさげて師匠が登場。
これがあれば、仕上がりはかなりまともになる。 
  
久々の登場.JPG
 
去年は、だいぶコイツのお世話になった。
みんなも興味津々。今回も、彼らが撮影した写真を記事に使っているのだが
この管理機の写真のやたら多いこと。
 
 
そんな訳で、田んぼの中には耕耘機が都合3台。 全部の出力を足すと15馬力。


 
2台あれば余裕.JPG

小さくても、これだけあると各々の特性を活かし切った使い方が出来る。
下手なトラクタよりも作業が早くなってしまうから恐ろしい。但し、これはオペレータ
の人数が確保出来ているから出来る芸当なのだが。
 
 
日が沈むと同時に作業完了。
何とか、当初の予定通り作業を済ます事が出来た。

 
I復元完了.JPG
 
これで見かけは、田んぼに戻った。あとは田植えを待つのみ。
ただし、泥の中には未分解の草の茎や根が大量に埋まっている。中には、鋭い破片も
あるので、以降の作業でも素足で田んぼに入るのはNG。
田植えの際は、皆さん足にピッタリ合った長靴をお忘れなく。
 
 
 
生コン事務所に戻り、雑談タイム・・・のつもりが、参加メンバーが暗渠に関する
資料を持ってきたのでプチ勉強会に。
 
作戦会議.JPG
 
 
そのままなかなか話が尽きず、その後はファミレスに場所を移し、深夜まで以降の
段取りや、作業方法、予算についてなどを詰める。
 
 
半年前、とりあえず始めた所からここまでの間で、彼らのレベルの上がり具合が
どうも尋常ではない。あまり普通の作業をさせてこなかったのだから、当然なの
かも知れないが、本気でやるというのは、こういう事なのかなと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1174