田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #223 拮抗栽培 

#223 拮抗栽培 

| トラックバック(0)

田んぼ作業に追われ、3週間以上畑の面倒を見れていない。
気候も良くなり、相当雑草も出てきているはずだが、情けないことに今となっては
恐ろしくて、なかなか見に行く気にもなれずにいた。

しかし、これまで一所懸命に雑草駆除と土づくりを作ったのも確か。
これでは不本意だ。昼、ようやく意を決して見に行ってみる。

シロザ畑.JPG

予想通り、畑は雑草まみれ。しかし、ほとんどセイタカアワダチソウが生えておらず、
地面はシロザに埋め尽くされている。これは予想外だった。草の量は多いが、これなら
作物の株周りのものを抜き取ったり、耕うん機で埋め込むのも比較的簡単だ。などと
安堵してしまうのも悲しい話なのだが。
 
 
シロザは、かなり肥料の吸収能力の高い雑草。おそらく作物は・・・。あれ?

作物のほうも、雑草に負けないほど立派に成長している。
成長し過ぎて、収穫時期を逃してしまっているものも多い。

これは、複数の菜っ葉の種を蒔いておいた畝。

なんか生育よくね?.JPG

全体的に、雑草の丈よりかなり大きい。播種後、一ヶ月半だが、水菜はもうトウが
立っている。


こちらはサニーレタス。
知らぬうちに、人間の頭よりも大きくなってしまった。必要量をむしって食べる
つもりだったが、もう株ごと切ってしまわなければ使いようがない。

しかし、一番下の古い葉まで、まだピンシャンしているのには驚いた。
枯れている部分が見当たらないのだ。しかも大味かと思いきや、まだしっかりレタス
として食べられる。


やっぱいいってば.JPG

株の周囲には、あまり雑草が生えていない。モミガラと竹パウダーマルチの効果か。
 
 
 
スナップエンドウは、丁度食べごろのものが多い。


すごく甘い.JPG

生でも、とても甘くてエグ味が少ない。これは使いでがある。
 
 
 
そう言えば、ルッコラも蒔いたっけか。
間引きするのも忘れていたが、どれも、それなりの大きさまで成長している。

ルッコラとり放題.JPG

過密状態でこんなにも育つとは、コイツ等は雑草か?
ちなみに、隣の畑のおばあちゃんはルッコラという野菜を知らずに、これを雑草だと
思い込んでいたので、食べさせて納得してもらった。しかしこの畑を近所の人に見ら
れるのは本当に恥ずかしい。しかし、こうなってしまった以上は仕方ないと開き直り、
ブログのネタにまでするというプライドの無さ。
 
 
これは、食用菊。花が咲くのはまだしばらく先。

雑草じゃないです.JPG

一瞬、同じキク科のセイタカアワダチソウと見間違う。
間違ってむしってしまわないよう、気をつけなければ。
 
 
 
とりあえず、自分で食べるものと近所に配る分を収穫して帰ってくる。
それにしても、このレタスの大きさには参る。味噌汁でもサラダでも、何でもいい
から、料理するもの片っ端から突っ込んでしまおう。

気持ち悪い.JPG


今までも、趣味の畑を何年かやってきているが、ここまで雑草まみれの中で、まともに
作物が育ったことは初めてだ。何が効いたのかは知らないが、一年目の畑は良く採れる
という通説は、ほぼ間違い無さそうである。それと、雑草もある程度いた方が、あまり
虫も寄り付かない。

雑草も、全て整理するのではなく、雑草の多い区画も一部は残しておいて、雑草農法の
検証でもしてみようかと思う。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1141