田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #168 写真を整理しています

#168 写真を整理しています

| コメント(4) | トラックバック(0)

昨日、無事に帰国した。
旅の後半では、腹を壊したりもしたが、帰ってきてから回復も早い。

しかし、途中でカメラが不調になり、急遽携帯電話での撮影に切り替えた為に
写真の整理が進んでいない。

旅の記録を紹介できるようになるまでは、趣味の写真を貼り付けておくので
これで暇つぶしをして頂こうかと思う。
 
 


なんだか、タイでは古い車をよく見かける。
趣味っぽいものと、ひたすら使われ続けているものとが、ほぼ同じ比率でごちゃ混ぜ。

ニイナナさん.JPG

これは良い状態のTE37カローラ。
間違って圧縮せずにアップしてしまった。
国内ではマイナーな機種で、お目にかかることもまず無いが、ここではは大切にされて
いるようだ。国内のレビン/トレノとは異なるクリーンな外観も好印象。

かろーらさん.JPG

同車、後方より。
 
 
 
こちらは、VW、タイプ2バンの2台セット。

TYPEⅡVAN休眠中.jpg

同車は移動店舗としての需要も高いようで、稼働中の固体も数多い。写真のような
ボロいものでも、平然と走っている。また、タイプ1と呼ばれるビートルの生存率も
高く、空冷フラット4エンジンの健在ぶりが伺える。
ちなみに、タイプ2後継機のバナゴンは皆無。80年代以降のヨーロッパ車は全体的に
あまり見かけないので、次第に日本車が増えていったことが良く判る。
 
 
 
これは珍しいB10(初代サニー)


B10サニー.jpg
 
写メなので、ブレやピンボケはご容赦ください。
 
 
 

次の日産車。初代バイオレット(セダン)

バイオレット!.jpg

これも、珍しい。国内では忘れ去られて久しい稀少車。
 
 
 
 
次、2代目バイオレット(セダン)


その次のバイオレット.jpg


ちょっと待ってくれ。何でこんな変な車ばかり出てくるのか。
眠っている猫がいて、ファンキーな絵である。
 
 
 
またまたカローラ。整備工場が軒を連ねる通りに停まっていた粋な車。

アメ車っぽくて良い.jpg

60年代のアメリカンマッスルを彷彿とさせるイジり方にセンスの良さを感じる。
ヤレ具合も向こうの雰囲気に近い。
 
 
 
カローラは、本当によく見かけた。 

コイツら多いな.jpg

どれも腐りが少なくて、調子も良さそうなものが多い。
タイの気候が合っているのだろうか。
 
 
 
ええっと、これは何だっけ・・・。

プジョー404.jpg
 
プジョー404。
もはや写真でしか見たことがなかった車。フランス以外での現地生産車だろうか。 
 
 
 

度肝を抜かれたのはこれ。
まさかと思って近づいてみたが、紛れも無い初代ルーチェ。マツダの名車だ。


ルーチェとは.jpg

相当のヤレ具合だが、ご存命のようで何より。


ルーチェ後方.jpg

こんなものは日本でも拝めないので、後ろからも写真を撮っておこう。
 
 
 

これも、相当に衝撃的な一台。

何故、こんな状態で?.jpg

トヨタRT40系(2代目コロナ)。国内では、間違って見るか見ないかといった車。
まぶしい程に磨かれているのに、薄暗い路地でも全く違和感無し。
 
 
これらの車は、人気が無く小汚い路地裏で見つけることが多い。
ふらつくのが好きな性分なので、バンコクでは2日間で40キロ以上歩きまわった。
だから遭遇率も高くなったのだろう。

腹を下し、ほぼ絶食状態で暑い中をさまよい、ひたすら車の写メを撮っているのは
今にして考えると頭が悪いとしか言いようがない。何で、そんなことばかりするのかは
もう考えても仕方が無いので置いておき、勿体無いからとにかくアップ。

 
 
 
 
しばしば、本来の用途とは別のものに改造される乗り物も。

スポーティなフルーツ屋.jpg

CB系の125ccを引き売り仕様に改造したもの。同様の改造車は多数。
後方を荷台にしたものは荷物/人の運搬車に。写真のような前方部を改造した車は、
フルーツなどの食べ物の移動販売車になっているケースが多い。
 
 
 
カブタイプのエンジンを搭載した3輪タクシー・・・かと思いきや。

力帆1.JPG

力帆(リーファン)。かの悪名高き中国製コピーメーカーの代表格がこちらにもいた。


力帆2.JPG

コピーバイクの後方をタクシーに改造したのか、始めからその仕様があるのかは不明。 


この会社は、エンジンから車体から何でもコピーしてしまう。その対象は、汎用エン
ジンから2輪車、乗用車、バスやトラックまで多岐にわたる。そこまで作れるのに、
何故コピーを止めないのかが、いつまで経っても理解できずにいる。

コイツ等には、以前の仕事で随分とお世話になったが、改めて再開してみても、
やはり釈然としない気持ちになる。それでも異国の地に来て出会ってみれば、需要が
あることだけは理解できるのだが・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1011

コメント(4)


お帰りなさい(^0^)無事に帰国して安心しました!

  おばあちゃん

人見ちゃん。

無事帰還おめでとう。

腹きり成らぬ腹下し・・・
体調はは大丈夫ですか?

古い車からコピー野郎まで色々ですな、
なんか縮図だなぁ~!!
40キロも歩くのも分かる気がする・・・

土産話は今度そちらにお邪魔しますから、
その時ゆっくり聞かせてもらいますね。

一先ず帰還の知らせを聞けて良かったです。

いつもご心配かけてます。

こちらもいいかげん、良い歳になったけど、一生心配されるのかなと
思う今日この頃です。
そちらも、お体に気をつけて長生きしてくださいね。

炭酸水さん

コメントありがとうございます。やっぱり車が好きな人は反応してくれますね。
他にも、変なものを沢山見かけましたよ。アメ車はほとんど走っていなかった
けれど、ただ1台見かけたものが、シェビーⅡNOVA。ホントにいちいち
マニアックな国だなと思い知りました。


体調はおかげさまでしっかり回復しました。屋台で訳の分からない物をもっと
いっぱい食べてきたかったのに、腹を下してしまったので、その腹いせに、
向こうのインスタントラーメンをすすったりしています。