田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #163 Please・・・Take out!

#163 Please・・・Take out!

| コメント(6) | トラックバック(0)

農業用資材として、竹パウダーをモニターして欲しいと、この前言われていた。
どうも、最近は竹が良質の肥料になると注目されているらしい。
気になっていたので、今回は竹林整備をしつつ、竹の訴求活動を行っているNPO
法人を訪ねた。同じ県内とは言え、片道2時間弱。千葉はなかなか広い。
 
 
例によってお客様根性が希薄なので、ただ見学するだけでは落ち着かない。
手伝いをしてからサンプルを受け取ることにした。チェンソーと防具を車に放り
込んで現地へ向かう。

手入れしちくりん.JPG

立派な竹ヤブ。本日は枯れた竹の伐倒作業をしていた。

 
 
竹は適度な水量があり、且つそれが滞らない場所を好む。従って竹ヤブは
傾斜地に多い。

昨今は、里山の手入れをしなくても安価に資材が手に入るようになったため、管理の
放棄が進んだ。結果、山林に入り込んだ竹が過剰に繁茂するケースが増えたという。

それらは、【竹害】と呼ばれている。竹は言わば厄介者扱いな訳だが、何とかそれを
有効利用して、地域の活性化化や新しい雇用の確保に結び付けられないかという取り
組みをここでは行っている。その一つが、竹パウダーである。
 
 
講釈はとにかく、早く手伝おう。

きつい足場.JPG

この竹ヤブは、とにかく傾斜がきつい。足場は、ゆるい上に竹が散乱しており、
非常に滑りやすい状態。そこでチェンソー扱うのには、相当な注意が必要だ。
また、竹を切り出したら根本の方を斜面の下の方に向けて倒さないと、まともに
作業が出来ない。

お手本.JPG
 

切った竹を抱え、竹が完全に寝てくるまで斜面を下る。下ったら、適度な長さに切断。
また、折れたり、他の竹にもたれかかるように引っかかっている竹も、しっかり処理
しておかないと、作業スペースが確保できないので難儀する。

理想的な竹の密度は畳2枚あたり1本だという。ここの竹ヤブは、3本程度。
枯れた竹が無くなった状態ではそれなりに見栄えするが、そんな状態にまで手入れを
行うのは、どれ程の手間が必要かは直ぐに理解出来た。
 

 
枯れた竹は、集めて燃やすが、資材用に切り出した竹は、麓まで運ぶ必要がある。
でも、このスライダーがあれば、搬出も簡単だ。

スライダー.JPG

このスライダーも、竹で作ったら面白いかもしれない。
もっと手伝う人が増えれば良いと思う。
 
 
 
最初から分かってはいるつもりだが、やはり普段の田んぼ作業よりキツイ。
適度に休みながら切らないと、簡単に大怪我をしてしまうだろう。
それで、しゃがみ込んだらこんな絵が。

何の生き物ですか?.JPG
 
竹の根っこの凄まじきこと。これが地中にびっしりと張り巡らされているのだから
他の植物は、文字通り絞め殺されることになり、どんどん竹ヤブは広がっていく。
 
山林用じゃ辛い.JPG

疲れる理由はもう一つ。このチェンソーは山林の伐採用なので重い。
竹ヤブでは、軽量機の使用を推奨しておこう。竹用チェン装着も必須。
標準チェンでは、刃の痛みがみるみるうちに進行してしまう。

 
 


そんなこんなで、作業が終わる頃は息も上がり気味。それでもなんだか
充実感がある。そのまま疲れるのも忘れてタケノコを探す。


初物発掘.JPG

まだ小さくて、日光を受けていないタケノコは、アク抜きをしなくても食べられる。
市場にはほとんど流通することも無く、珍重されるので意外と高く売れると言う。

刺身用です.JPG

今日は、夕食もお世話になってしまったのだが、その際にタケノコの刺身も
食べてみた。エグ味も無く、ほのかに甘いので個人的には好みだが、全体的には
やはりゆがいた方が良いという意見も多かった。
 
 

 
本日の収穫は以下。
頂いた資材は、肥料・マルチ・育苗にと広範に試させて頂きます。
みなさん、どうもありがとうございました。


・竹の燃えガラ : 米30Kg袋 ×1
・竹パウダー  : 20Kg袋  ×2
・初物タケノコ : 2本
 
 

本日のリンク

http://ecolinchonan.blogspot.com/
(エコリン長南 、NPO法人ニュースタート【田舎で働き隊】研修生ブログ)
竹情報満載! 毎日更新しています。
 
 
竹資材を試してみたいという方は、是非コチラに打診すべし。
http://www.new-start-jp.org/ 
 
 
 
おまけ。竹の使い道

 
小屋の屋根。こんな風に組み合わせれば、雨漏りもしない。偉大なる先人の知恵

先人の知恵.JPG
 
 
 
ちょっと、奇抜なテント。EXPO85にこんなパビリオンがあったとか言うと
年齢がバレる。まあ、普通にビニールハウスの骨組みなども作れるのではないかと
思う。

万博パビリオン.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/994

コメント(6)

たけのこの刺身!!
美味んぼでよんだことある!ぜひ食べたいと思う食材です

人見さん
こんばん、長南町より、たっしーです。
昨日は遠いところから、お越しくださり、ありがとうございました!
ブログの記事にもして下さり、ありがとうございます。
竹の根の写真がアーティスティックでいい感じですね。
タケノコのお味はいかがでしたか?
また来て下さいね。今度は泊り込みで(笑)
今度、僕も遊びに、手伝いに行きます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

たっしー

遠くから来て頂きありがとうございました。

是非ともまた来て下さい。

竹パウダーの結果も楽しみにしています。

よろしくお願いします。

たっしー さん

タケノコ美味しかったですよ。味噌汁の具にしたり、生でかじってみたりと重宝
しています。

今回は、こちらも良い経験になりました。竹が地域を支えていけるように、今後も
微力ながら力を貸す事ができればと考えています。田植えのシーズンが過ぎたら
また顔を出しますね。その際、お借りした本も乾燥を添えてお返しできればと
思います。

それでは、今後ともよろしくお願いします。

ハシモト さん

こちらこそ、先日はどうもありがとうございました。
頂いた資材をどんな風に使おうかと考えるのも、なかなか楽しいものですね。
色々と試してみますので、次回はその話をしたいです。

それでは、また。

もっくん

ん~、美味しんぼですか。ただの孟宗竹の子供だからそんなに珍しいものでも
なさそうだよ。今の時期に竹ヤブを掘れば出てくるし。
ただ、靴底は薄いものの方が探しやすいみたい。この間は、ブーツを履いていたせいか、
足の裏の感触が無くて、まともに見つけられなかった。
タケノコさんは、ほんのちょっと頭出してるだけだからね。

あ、そうそう、マダケのタケノコも美味しいよ。