田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #149 田んぼにハマる

#149 田んぼにハマる

| トラックバック(0)

山岳部(向風学校)今年初の作業。
今回は、彼らの田んぼを荒起こしする。

参加者は9名+自分で10人。
この週は雪が2度降り、田んぼもぬかるみが多かったが、これだけ人数がいれば
何とかなるだろう。

みんなの田んぼ2月.JPG

向かって左側、山に近づくほど水が多くなる。
右半分は、乾いているのでトラクター。それより半分の、水の少ない部分は、管理機
(小型の耕うん機)、水、氷の多い部分は人力作業となる。

それにしても、一人ひとりに行き渡るだけの農具を用意できていない。
スコップ、クワ、エンピ、マンノウ・・・とりあえずあったものを各々に渡すが
全て違う道具。(今回はマンノウが正解)ハズレ品として、角スコップなども
持たせてみた。


簡単に使い方を説明したあと、

『時々他の人の道具と交換して、どれが使いやすいか試してみて。』

と言っておいた。物は言いよう。どの農具がどんな作業に向いているかを
知るのには丁度良い。
ただ、毎回それでは作業がはかどらないので、少しずつ揃えておかなければ。


自分は脇役なので、以降はみなさんの作業の様子。

はりきってます.JPG

この日は風が強く、やたら寒く感じるものの作業している間はそれほどでも無い様子。
喋りながら作業が出来るのは良いなと思う。

 


もはや水田用か.JPG

管理機も、さすがにここではハマリ勝ち。全体的に泥の付着が多くなり、
重量が増加してスタックしやすくなる。モトクロスやエンデューロ用バイクの
フェンダーの裏に使用する、泥付着防止スプレーなどを試そうかとも一瞬思ったが
止めた。食べ物を育てるのに組成の分らないものは、使えない。
 

素人じゃないよ.JPG

彼はしっかり腰が入っており、素早くひっくり返していく。
以前、一反分マンノウで起こしたことがあると話していた。自分よりも上手かも
しれない。こういう人が集団の中にいると、他の人への技術伝達も上手くいきやすい。

 
 
 
確実に、コメ作りの道を歩みだした彼ら。
とにかく、全ての工程を知ろうとする姿勢に共感が持てる。これはもう同士が
現れたとものだと勝手に解釈している。なにしろ彼らは勢い余って、近所のヤブを
田んぼに戻す作業まで始めることにしてしまったのだから・・・。

来月、も楽しくなりそうだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/950