田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #134 貧乏人の戯言

#134 貧乏人の戯言

| トラックバック(0)

暮れに、やり残した作業は車の手入れ。
作業に出るのから、毎日の買い物、遠くまで出かけるのにも、これに乗らない日は無い。
随時手入れはしているものの、少しでも燃費を良くしたり、長持ちするようにと更に
小細工を加える。軽トラにはETCも装着した。


おもちゃっぽい方の軽が、今年21歳。7年前に、廃車予定のものを3万円で購入。
軽トラは19歳。一年前に13万円也。

走行距離は、2台を足すとこの一年間で3万キロを軽々と超えている。

ゲタの手入れ.jpg

車齢20年前後になってから、年間2万キロずつも走行が伸びていくなど、
車自身が思ってもいなかったことだろう。けれど、まだまだ走ってくれそうではある。
 


こんな調子なので、随分前から新車に興味がなくなっている。
なにしろ、リッター20キロも走る車が3万円で買えたのだ。税金も安いし乗っても
面白い。ついでにひどく珍しい。現代の車と衝突したら勝ち目は無い。

15万円あげるから、これを廃車にして新しいのを買いなさいと言われても
断固お断りである。自分のしていることだってエコだと胸を張って言える。

・・・自分がメーカーを辞めてしまった理由が、みなさんには伝わったでしょうか?

 

エコに囚われずに話を続けよう。
色がチグハグだとか、シートが破けているとか、少し気になる部分は出てきたけれども、
ずっと使っているとよく馴染んでくる。
この感覚は、気に入った古着を着続けるのにも似ている。

《道具であって服のようなもの。》

そんな目でポンコツを見ると、世界が変わってくるかも知れませんよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/913