田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #132 研修2日目

#132 研修2日目

| トラックバック(0)

にんじん畑の作業は翌日の昼まで続き、その後は白菜の収穫。

これも、薬剤を使わずに育てた白菜。なかなかの貴重品。

はくさい畑.jpg

それにしても、今回は歩留まり(製品率)が良くないという。
確かに、霜にあたって凍ってしまったり、虫に食われたりしているものが多い。
ただ、凍ってしまったものに虫が沢山ついていたりもするので、弱ったものから土に
還ってゆくというだけのことかも知れない。

自然の流れと、人間社会の流れの接するところにいつも身を置いているのかなと思う。


大きさも、割とマチマチ。
というか、陽が当たらないところに行けばいくほど小ぶりになる。

はくさいさん.jpg

それでも、出荷できるものはみずみずしいばかり。
張りもツヤも良い。生でかじってみたら、とても甘いので驚いた。

そして日持ちも良い。頂いてきてからすでに4日が経過したが、しおれない。
そういえば、以前頂いてきた有機栽培のキャベツは常温で3週間放っておいても
まだ食べられた。どうも、慣行栽培とでは生命力そのものが違っているようだ。

 

どこかで見たような光景.jpg

ところで、この畑は雑木林に囲まれていて、陽が当たらないところも多い。
圃場のハジに向かって、成長が悪くなっていく様子がよく分かる。
道も凍りやすく、ぬかるみが随所にあるので大変。

管理しにくい土地なので、色々な人に貸しては返されを繰り返しているらしい。
今回の農家さんも、返すかどうか考えていると言っていた。

『都会から交通のアクセスも良いし、いい雰囲気の場所なので、農家さん以外に
 体験圃場として貸すのも良いんじゃないですかね?』

という話をしたら、結構盛り上がった。
あまりそういった発想をする人はいないらしい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/903