田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #131 贈り物は靴下に

#131 贈り物は靴下に

| コメント(2) | トラックバック(0)

畑のことも、少しずつ覚えておかないので、少し離れたところへ研修へ出る。
お世話になる農家さんでは、にんじんの収穫作業中。

にんじん畑.jpg

今年は雨が多かったこと、そして連日の寒さもあり手掘りではなかなか抜けない。
午後になってから、トラクターに鋤を装着し、すくい上げながら掘り取る。

にんじん畑は2反程度。今日、進んだのは写真右側の2畝。
作業がはかどらなかった分、みなさんと仲良くなることが出来た。

お昼も、お茶もご馳走になる。
こちらからお願いして手伝わせていただいているので、手間賃は無し。


米を売ってここのところを凌いでいたものの、働いたぶんの対価をどう回収するかに
ついては、不思議と考えないようになっている。
そんなものは独り身の気楽さだと、一笑に腑されるてしまうかもしれないが、
得られるものも確実にある。ただ、労働を媒介する仕組みがここでは必要ない。

いつ仕事を始めていつ終わるなんて、気にする必要もないのだろう。
今、すべき事は挙げればキリが無い。ただ続るという事のみに意識が集中している。


月給取りだった頃から一年経っただけで、随分と考え方も変わるものだ。

変わりの無いのは、12月24日という日が人事でしかないということ。
夕食のスープを作りながら、ぼーっとそんな風に思う。

そうか、この野菜貰ってきたんだっけ。
靴下には、土が沢山こびりついたまま。それなりに、人事でも無かったのかもしれない。
そして、誰がサンタかなんていちいち考えるのも野暮なもんだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/896

コメント(2)

久しぶりです!
組合で一緒だった、稲〇です。
ふと、人見君の名前を思い出し、yahooで人見太郎と入れたら、
このブログを見つけました。
人見君が日々奮闘して、がんばってる姿がとても伝わってきて、とてもうれしくなりました。
米の出来も良かった様で何よりです。
脱サラしての農業という事で、大変なことも多かったろうけど、とても大切ないろいろな事を
学んでるんだね。
今度、是非田んぼへ遊び(手伝い)に行かせてください。
来年の、ますますの人見君の発展を応援します!

ども、コメントありがとうございます。そして明けましておめでとう。
年をまたいでの返信になってしまいました。

早いもので、始めてからもう一年が経ってしまいました。
色々と知識も増えてきましたよ。
そうそう、なんだか近況報告をしに一度戻ってきて欲しいという声もあるので
近いうちにそちら界隈に出没するかもしれませんよ。