田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #121 進展のあった週

#121 進展のあった週

| コメント(4) | トラックバック(0)

土曜日の夜、家もとい生コン事務所に帰ってくると、郵便受けには一通の封筒があった。
差出は県から。

認定審査の結果が届いたか。
祈るような気持ちで開く・・・あった、認定は承認、と。


半年間の成果.jpg


どうやら、これで認定就農者になる事が出来るようだ。
稲作メインでの申請には難儀したが、これで就農の手続きや土地の貸借、設備の融資など
今後の展開がしやすくなったのは間違いない。
これまでやってきた事が報われたと、ほっと胸をなでおろす。


当初は、この認定を受けるプロセスとして、農業大学校に通うことを農政にも周囲にも
奨められたが、なせばなるものだ。

正直、稲作を始めるのでなければ、大学に通うことを選んだだろうと今になって思う。

学校での稲作授業はそこまで多くは無いと判ったとき、学んだ後いざ始めるという段階で、
何の当てもなく途方に暮れるという状況は避けたいと思った訳だ。
そして、快く教えてくれると言ってくれた師匠に、これ幸にと願い出たのが丁度一年前。
あれから、少しは成長出来たのかもしれない。
 
 
更に、来年3月から新しく出来る道の駅での販売も決まった。
当初は、師匠以下複数名での組織での出品で、販売するものに、自分の名前は記載
されないという話だったが、ひょんな事から単独での出品が叶ったのだ。
運がは向くときは向く。

ただし、いずれの件も要は信用あってのもの。
浮かれるのもほどほどにして、ほうぼうにお礼を伝えておこう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/867

コメント(4)

良かったね、人見さん!

認定就農者
おめでとうございます。

平山さん

お世話になります。
思えば、認定への動きは、平山さんのお話がきっかけでした。
結果、書式の届出が早まった訳ですが、かかった時間を考えると
あの時のタイミングが丁度良かったんですね。

嬉しがってくれる方がいるということも、また嬉しく思います。
これからも頑張ります。

いつも面白がってくださり、ありがとうございます。

こちらも嬉しい限りですが、一年かかって、ようやくここまで。
これから先も、ネタには困らないと思いますので、引き続き中身の
ある記録をつけていこうと思います。