田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #117 みんなの買い物

#117 みんなの買い物

| トラックバック(0)

今日は農機屋巡り。
自分の機械ではなく、福祉農園で使うものを知人と二人で物色する。
買うのは知人。自分は口出しするだけ。


まず、一件目。
ここには、高性能ともっぱら噂の刈払機が最安値で残っているはずだ。

今日の農機屋.jpg

お店の人に尋ねたら、スンナリご登場。
ネットの相場よりも、更に一万円以上安く入手することができた。
後述するが、これは相当良い買い物になった。


SRE2610.jpg


ここの農機屋さんは、扱っている中古も程度の良いものが多く、好印象。
更には、自社で面白い製品も製造販売していた。


無洗米精米機.jpg

業務用の精米機。何と、無洗米をつくことが出来る特別仕様。
軽トラの荷台の高さに合わせた張り込み台や、細かな精白調整機能に良心を感じる。
また、シンプルだが堅牢な造りというのも好み。
出来れば購入したいが、80万円弱なので、まだ無理。いつかは・・・。

その後は、いつもお世話になっている農機屋さんへチェンソーの相談に行く。
ここは、チェンソーのプロショップなので心強い。

K車の2機種.jpg

購入したのは、小型の国産オールラウンドソー。薪用に、丸太を玉切る作業がメインと
なるため、必要以上の出力は不要と判断。また、不特定多数のスタッフが使用するもの
なので、軽量ならではの扱いやすさを重視した。

過剰な性能は時に危険を伴い、宝の持ち腐れにもなりやすい。とかく凶器のイメージを
抱く人の多い機械だが、本当に凶器でしかないので、選定は慎重に。そして購入した後に
安全な使用方法をしっかり教えておく必要がある。

 
 

帰ってきて、組み立て前の刈払機を眺めてみて驚く。
まず、ハンドルと竿をつなぐブラケットが、ゴムを含めて7点もの部品で構成されていた。


異様な構成.jpg

他にも、マグネシウム合金を多用していたり、シャフトや、クラッチハウジングにも
凝った防振ダンパーが採用されていたりと、どうも造りが尋常でない。このメーカー、
コストを度外視してまでこれを作ってるのではないかと、こちらが心配になってくる。
プロ仕様と、廉価な普及型の性能差は、最近更に広がってきたようだ。


それで、どんどん興味が湧いてきた。

新品になんて事を・・・.jpg


組み立てに差し支えの無い範囲で、部品を色々と外して観察してみる。エンジンは、
4掃気ポート構成のようなので、ここも見てみたかったが、流石にそこまで分解するのは
理性が許さなかった。

新品なだけに、勢い余ったかと少々申し訳ない気持ちになったので、元に戻した後、
最初よりキレイになるまで磨いた。

それにしても、さっきから知人が横で

『PCが起動しない。』 

と、唸っている。彼のやる気は空転していて、少しチェンソーの試運転とイメージが
重なった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/860