田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #110 先祖返り

#110 先祖返り

| トラックバック(0)

古代米の田んぼには、よく判らないイネが後から沢山生えてきた。
これがやはり気になっている

自生中.jpg


葉は開かず、しゃきっと上に伸びて、実に虫がとまりにくそうに見える。
周囲に雑草が多いところは、葉の色が薄くなり気味だが、株の数はさほど少なくなる
訳でもない。よく育っているところでも、分けつが少ない。

もう寒くなってきたというのに、まだ実が入りきっていない。


長粒の何か.jpg


大粒の長粒(インディカ)種で紫色。写真では判らないが、モミの表面は産毛がびっしり。

面白いのは、触れるとすぐに脱粒(モミが外れる)すること。
機械で刈ったら、凄まじい損失が出そうだ。

脱粒しやすい.jpg


師匠が以前植えたものの名残だろうけれど、この品種はイネと呼ぶよりは、もはや
雑草に戻りかけているようにしか見えない。

ここで世代を重ねて成育してこうなったのか、もともとそんな品種なのかは解らないが、
地域ごとに、永年伝承されていたような有色米の類が【古代米】と呼ばれ始めたのは
最近のこと。それまでは研究も深くは行われていないので、品種を固定しにくく変異が
多いというのも頷ける。

昔の田んぼはカラフルだったのかもしれないなと思うと、ちょっと面白い。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/835