千葉県で田舎暮らし・新規就農者のブログ-田舎日記の新規就農

千葉県で新規就農を果たした若者の新規就農の軌跡を、BLOGでお伝えしています。千葉県での新規就農を目指している若者の参考になれば幸いです。

新規就農者ブログ

2017年8月

ボロボロネロ

| トラックバック(0)

【カーボロネロ】キャベツの一種。イタリア野菜。そんなところ。
ここ一カ月で、見事に虫にと暑さにやられて 出荷に適さない状態に。
というか、旬が冬から春と言われる野菜なので、先月中旬まで普通に収穫出来て
いたのは意外でもあったのだけれど。とにかくボロボロになっても強い。
 
20170802_165142.jpg
 
実は、ボロボロになるのもこれが二度目。一度目は、防虫ネットの内側に虫やダニが
侵入し、天敵のいない楽園状態となって壊滅。仕方なくネットを剥がして放置して
おいたら、群がる虫を目当てにアマガエルが大勢いやってきて虫を食らい尽くして
くれた。以降、収穫出来るのは本当に虫食いの無いキレイな葉っぱばかりだった。
 
しかし、先月の猛暑と日照りで、カエルさんたちは徐々に姿を消していった。
同時に、周囲のキャベツやコールラビなど同じアブラナ科の作物は収穫が済んだので
片付けてしまった。そうなったら、再び虫が集まるのは道理でございまして。
 
先週から、チラホラ雨が戻ってくるようになった。このままカエルさんが来るのを
待ってみるのも良いけれど、それも保障は無い。とりあえず、活性を維持して
おこうかと思い、先週、先々週と、モミ酢とにがりの葉面散布を行った。
モミ酢は、一回目は300倍。二回目が500倍。各々、同時ににがり1000倍を
混合して散布。その方が、にがりが少なくても効率良く吸収されるような気がした
からそうしてみた。
  
20170802_165127.jpg
 
そのせいかは知らないが、調子が戻ってきたようにも見える。虫やらモンシロチョウは
相変わらず作物に沢山いるのに、新葉の食害は少ないようだ。
このまま、もう一回出荷出来るようになると良いのだが。しかし出来なくても観察する
のは面白いものだ。

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">