千葉県で田舎暮らし・新規就農者のブログ-田舎日記の新規就農

千葉県で新規就農を果たした若者の新規就農の軌跡を、BLOGでお伝えしています。千葉県での新規就農を目指している若者の参考になれば幸いです。

新規就農者ブログ

2017年5月

これで三連続となるホンダ製の機種。ホンダばかりになって申し訳ないのだが・・・。
(珍機なのだから贔屓しても意味が無いとも言えるが、なんとも言えない)
もう白状してしまおう。前回・前々回の機種及び今回の機種とも、実は昨年同時期に
同じところから入手したものであった。そして、使用可能な状態にまで整備を行った順に
紹介してきたという訳だ。なので、ホンダ珍機祭りもここで一応落ち着くことになる。

しかし、自分のところは農家としては異常と言える程にホンダが多いのも事実。
これも、もうどうでも良い話になってきたので、ついでに白状してしまうと、私は以前
ホンダの研究所(汎用部門に11年弱)に勤め、汎用エンジンや農機、電動車いすなどの
研究開発をしていた。それで、農業を始めるにあたり勝手の知れた機械を買い求める
ことになる。当初は二台だけだったが、なんだかんだで探してもいないのに、どこから
ともなく手元に機械が集まるようになった。不思議なことに、本当に勝手にうちへホンダ
の機械が集うようにしてやってくる。そして今や実動のものが10機、整備待ちが三台と
いう手持ちの農機類の中で最大勢力となる。(二位は新ダイワで総数6機。エンジン
まで含めれば、三菱が6機でタイ。)
ホンダ機のうち、純粋に購入したものは新車一台、中古一台のみ。どうしてこうなった
のか。そして、10年以下の若い機体は二機だけ。残りは20代後半から30代。
アイツ等は格納庫で毎日同窓会でもしてるつもりなのか。趣味の車や単車まで手が
回らなくなる筈である。いい加減、農機と軽トラ以外の機械を触りたい。

 

相変わらず前置きが長くなって申し訳ないが、これで少しは一連の記事に関して
読者の方々のモヤモヤも無くなるのではないかと思う。それでは始めよう。
 

ホンダUM17.とてつもなくスタイリッシュな草刈り機である。1985年静。
そして、あろうことかまたしても新車。だが、試運転を一度だけ行ったそうで、そのまま
眠り続けた結果、キャブレターが再生不能に。UM17用純正キャブレターは欠品だった
ものの、搭載エンジンが共通のHP250(力丸:運搬車)用のものは供給可であった
ため、そちらを使用して事無きを得る。

20170516_110243-1.jpg
 

それにしても無骨さが無い。左右対称デザインのバーチカルエンジン(GV100)と
ひときわ目を引く8インチのコムキャストホイールの寄与するところが大きいようだ。
また、それなりに幅のあるカッターデッキを低く構えている筈なのだが、スリムさが
際立っているのも大きな特徴。それでいて安定感もしっかりしている。タイヤの高さと
エンジンのファンカバーとの面がほぼ揃っており、同時に大径ホイールもカッターデッキ
の外側と同じ位置に収めてあるのがミソ。後輪ピボットをかすめ、車体の重心位置へと
スッと伸びるように繋がれたステアリングパイプも、極めてスマートな処理。これらは、
つまりマスの集中化を強調し、視覚的にも軽快感を与えるまとめ方。運動性能を高く
見せるデザインとなると最早、考え方が単車やスポーツカーと同じになってくるが、
そもそも作業機というものは色気もクソも無い機能部品のみの集合体。そこへ更に、
飽くまでも様々な作業機に搭載するために用意された汎用エンジンが無造作に積まれて
完成というのが当たり前の世界なのだ。そういった目的特化型の機械類は、機能美を
見せることはあっても、たいがいそれ以上を得るには至らないものだ。当然、本機自体も
機能部品のみで構成されており、エクステリア向上目的で装着されるような部品は一切
存在しない。にも拘わらず、ここまでのスタイリングを実現させるというのは、決して
生半可なセンスでは成し得ない。これだけ整然と用途を体現しつつ、洒落っ気、そして
軽快さまで利いている。
本機の重量は30Kgと実際に軽く、一人で軽トラに載せるのは簡単。

全体的な印象は、70~80年代のSFアニメか何かに出てくる宇宙船のようでもある。
現在も尚非常に斬新且つ均整の取れた良デザインだと思うが、その宇宙船っぽさ故に
【今見ても古さを感じない】などそういった月並みな表現は個人的に控えたい。
 
 
20170531_185826.jpg
 
反対側からのカット。ピンボケで申し訳ない。
ゴム製のディフレクターからも判る通り、右側に刈草を吐き出す仕様。
 
 
裏側はこのように。
ブレード(刈刃)とは別に、効率よく刈り草を放出するためのフィンが装備されている
のが特徴。(ブレードに直行する黄色っぽい羽根のような部分)これが、かなりの
威力を発揮する。
 
20170516_110155.jpg
 
それにしても、裏側がこんなにも眩しいとは。
一度でも使用すると、どんなに洗っても磨いてもこの状態には戻らない。よく拝んで
おこう。何せ、使わなければレビューは書けないし、その後に再び格納庫のコヤシに
する訳にもゆかないもので。

切り株と親知らず

| トラックバック(0)

日が落ちる頃は、作業も少し落ち着いて手すきになることが多い。
そんな時は、チマチマと進められる事をしておくに限る。
 
で、この根っこでも掘るか。

20170530_175632.jpg
 
前回に、あらかた掘り返し、縦に切断までしておいたので、あと少し頑張れば
抜くことが出来そうだ。
しかし、大きな切り株を細かくして少しずつ抜くという作業が何かに似ている気がして
作業中ずっとそれが頭の中で引っかかる。

・・・そうか、これ、自分の親知らずを抜いた時と似ているのか。

父親に似て、とても狭い顎に、母親譲りの大きな歯が生えてきてしまった自分は、
幼いころから歯並びが悪く、小学生の低学年の頃から歯列矯正を余儀なくされていた。
あまりにも状態が悪かったため、かかりつけ医師のはからいで当時はなかなか入会
することの出来ない日本でも指折りの矯正歯科に通っていたのだが、高校三年生に
なったころ、その矯正歯科ですら君の親知らずは手に余るということで、親知らずの
抜歯のためまた別の歯科を紹介された。
そもそも、腕の良い歯科医から紹介された屈指の治療レベルを誇る歯科から更に別の
歯科を紹介される程の酷さ。あそこなら大丈夫だからと言われても、どうにも不安
だった。そして、出向いた先の歯科で抜歯方法の説明を受けて愕然とするのである。

下顎の親知らずを抜く方法を簡単に説明すると以下になる。(うろ覚え)

奥歯の更に奥の歯ぐきからエラの辺りまで切開する → アゴの骨を大胆に削る
(親知らずを抜いた後も、歯並び的にクリアランスが足りないため、空間を確保する)
 → 親知らずに切り込みを入れる → 思い切り叩いて縦に割る(四分割)→ 
再度アゴの骨を削って仕上げる。 切開した部分を縫合 → 一週間と少し後に抜糸
 → 今度は反対側の親知らずで全く同じ工程を繰り返す
 
そもそも、麻酔が効いていても口の中には血が溺れる程に溢れ返って息苦しい。自分の
血が生臭くてしかも不味い。そして、アゴの骨を削る際の荒々しい振動が凄まじい。
使用されている道具は、虫歯の治療用リューターよりも明らかに回転数が低く、砥石も
粗いのだ。振動は直に脳天へと伝わり、まるで内側から脳ミソを焼かれているかの
ような感覚。そして、小さなノミとハンマーのようなもので歯を叩き割られる時の
衝撃も激しい。アゴの部分だけが飛び降り自殺して地面に叩きつけられているような
感じとでも言うか、それが連続で何十回も。そのインパルスは、またもや脳天へも達し、
その事実を無慈悲に伝えてくる。それを認識する都度に、失神しそうになった。
振動・衝撃・痛み、どれを取ってみても骨折や顔面の殴打・深い切り傷・生爪を剥がす
・自転車の後輪スポークに足を巻き込まれるなど、通常考えうる範囲で経験したことの
ある痛みとは全く異質の不快さである。そして、手術が終わって安堵するも、数日すると
縫合部が激しく化膿。そして抜糸前に破裂。口の中で膿がドバドバ出るのは最悪だ。
そんなものの味など一生知らずにいたかった。

そんな訳で、生涯忘れようもない経験なのであるが、あれから二十年以上が経った現在、
もうそんな派手な治療も行われていないのだろうか。

流石に話が脱線し過ぎた。
とにかく、切り株の周囲をこれでもかと広く深く折り返した後に、チェンソーで分割し
スコップに蹴りを入れながら少しずつ根っこを切断しながら抜いてゆくという一連の
作業が、それとモロに被ると言いたかった。
 
今回は三分割。一つ目は既に抜き取って焼却済み。
残りはこの二つ。小さいほうでも推定30kg。大きいのを穴から一人で引きずり出す
のは地味に大変だった。

20170530_175924.jpg
 
因みに、切り株や根っこは重くて組織も緻密なので、焼いてみると火の持ちが非常に
良い。また往々にして香りも強い。樹種によってはポキポキ折って芳香剤代わりに使え
たりすることがある。
 
 
抜根が済んだので、速やかに埋め戻そう。
 
20170530_181749.jpg
 
これもまた、地味にしんどい。
ただ掘るだけなら慣れたものだが、埋め戻すのはあまり得意でないらしい。
そして掘る方が楽しい。土をただ埋め戻すのはなんだか面白さを感じない。
かといって埋めたいものも特にはない。

この穴は人間一人埋めることなど余裕。
そうだ、きっと埋めるというと産業廃棄物とか死体だとか、あんまり良いものを連想
出来ない自分の頭が一番よろしくない。面白くなるようにしなければ。
とかなんとか難しく考える必要も本来ないハズなのだが・・・埋めるなら、素直に
タイムカプセルとかを想像出来れば良いだけなのに、面白くないのは作業ではなく
自分の思考回路であったようだ。

こいつらだけは執拗に刈れ

| トラックバック(0)

先週も、先々週も刈りこんで、更には耕起してある程度根っこを千切っているにも
関わらず、数日もすると勢いよく篠竹が生えてくる。
当初はブログのネタにする気もなかったが、なんとなく撮影。

20170529_071221.jpg
 
なに、この類の植物の再生力はこれまでにも嫌というほど実感している。
多少面倒でも、竹類の刈りこみを普段から繰り返し、再生してきたものがあれば、
そいつらが光合成を始める前にやっつけ続ければ徐々に勢いは弱まってゆく。
要するに、地下茎の蓄えが枯渇しきって、その場所に生えてこれなくなるまで
もう2~3年はみておく必要がある。

地下茎を枯らす薬でも使えばもう少し楽には出来るだろうが、使わないというのが
就農以来一貫したスタイルなので、今後もそれを崩すことは無いだろう。
 
また、竹自体はタケノコや資材として有用なので、竹林そのものは根絶やしになるまで
刈りこみ続ける必要もない。竹は極端に密生していると手がつけられないので、時間を
かけて適度に間引き、畑と竹林の間に緩衝帯を設けてやるように心掛ければ、いずれは
全体的に管理しやすい空間が出来上がる。
 
肥沃な畑も、優雅な竹林も、幾年かかけてつくりあげてゆくものだ。
一年で誰でもこさえられる見事な植生があるとするなら、それは【ヤブ】ただ一つ。
それが出来上がったところで、あんまり美しくないし、特にに喜ぶ人もいないのが
惜しい限りではあるが。

更に余談となるが、カヤやヨシ・ガマなど多少は有用な植物の群落などは、耕地を
一年程度放置しただけでは成立し得ない。どんな資材を求めるにしても、自らの土地で
それらを工面しようと思うっても、一年ではまとまった量を得ることは出来ない。

海藻を畑に散らそう

| トラックバック(0)

六月も近くなってくると、どうしてもモミガラが入手しづらくなってくる。
アテが無い訳ではないのだが、農繁期にもなるし、これまで確保しに行っていた所も
ほぼ残量無しで、少し離れた所まで取りに行かなければならなかったり。それも
九月になれば解消されるが、その間は少々心もとないのも確か。
 
そんな折、妻が漁師さんのお手伝いに行き始める。
先方では不要な海藻を貰ってきてコヤシに使おうという魂胆。手伝いは早朝の二時間程度。
これは面白そうだと思い、自分も何度か参加してみる。
 
20170523_110105.jpg
 
イセエビの頭なんかも混じっているが、気にする必要も無かろう。
毎回、コンテナ何個ぶんかは入手可能。八月になれば、もっと海藻の量は増えるとのこと。
現状、そこまで沢山は手に入らないものの、手伝うと網にかかった商品にはならないが
新鮮な魚介類も貰えるので一石二鳥であることは間違いない。というか、資材を貰える
上に色々な生き物に触れることが出来るので非常に楽しい。

時間が許すなら、今後も出来るだけ参加するようにしよう。
 
それにしても、海藻・ヌカ・モミガラ・廃菌床・薫炭・モミ酢・堆肥など無償で入手
できるものと、それらを使用して自作した資材を多用すればするほどに、栽培方法に
特徴が出てくる。資材費をケチりたいという一心で行っている事が、実は商品の付加
価値を与えていたというのは、ある意味理想的な結果かもしれない。

ただし、色々な資材をしっかりと使いこなすためには今後もひたすら知識と経験を蓄積
させてゆかなければならないので、試行錯誤の手間と、失敗時の損失、勉強用の書籍代
などは必ずかかってくる。タダだからとて良いことばかりの筈は無い。使うなら、それを
肝に銘じておくべし。

開墾は、まだまだ続く

| トラックバック(0)

野菜の収穫・選別・出荷が済んだので午後は途中から田んぼを回ってから焚火。
焚火といっても、要はまだまだヤブを整理中の圃場から出る竹やら枝やらを片付けて
いるというれっきとした作業なのだが。しかし、例によってただ焼いているだけでは
少々時間が惜しい。そんな時は何をするべきか。

20170520_170032.jpg
 
しかしなんだか、夏のような日が続いているので、火を焚くのも辛くなってきた。
どうせなら身体を動かして汗を流したいものだ。
 
 
そうだ、物やヤブは少しずつ片付いてはきているが、切り株を処理しきれていない。
早いところ抜けるものは抜いてその周囲を畑にしよう。
 
20170520_170010.jpg
 

切ってから2年以上が経過した小さめの切り株は、適度に腐ってきていて、割と容易に
抜けてくれた。しかしペース良く三本ほど片付けた後に軟物にブチ当たる。

 
 
20170521_121125.jpg
 
一体何の木だかも忘れってしまったが、異様に根張りが激しくて非常に厄介。
切り口が円状になっておらず、ヒダヒダな木は、往々にしてそのヒダヒダの部分から
強力な根っこが出ている。そして、この木はそれが下層に向かって幾重にも発達している。気づけばこんなに掘っていた。もう人力でなルートカッター(根切りチェンソー)
やユンボが必要なレベル。ここから更に掘り、広がる根っこをあらかた露出させ、
それをしばらく放置してから砂粒をカキ落とし、チェンソーで少しずつ刻みながら
掘りだそう。通常のチェンソーは、土に突っ込んで使うことが出来ないので
どうしてもまわりくどい方法でしか出来ない。それでも土を噛みこんで痛んでしまう
だろうからダメになりかけている刃を使用するのが良いだろう。
そして、使ったらすぐに入念な清掃・・・ああ、道具があっても面倒くさい。


先週の話

| トラックバック(0)

先週のうちに田植えが終わる。二枚で四反も無いので楽々・・・とか別にそんな
事はない。昨年も今年も田植え機がスタックする。同じ田んぼで。
 
しかも、旋回して発進しようとしたら出れない。これは意外過ぎる。
深くて確実にハマる所には棒を立てて回避していたはずなのに、まさかこんな
所で身動きが取れなくなるとは、全く油断ならない田んぼだ。なんとか走らないもの
かと、機体を少しゆすってみたら、更に沈みこみ、Vベルトが水に漬かってしまう。
こうなると、油圧も走行系も動力伝達が出来なくなるので、完全にお手上げ。

20170509_074949.jpg
 
以前なら、この程度の潜りかたなら別に問題も無く走行出来ていた。しかし重粘土の
こちらの田んぼではそうもゆかない。とにかく水を張って代かきをしても土がサッと
溶けてくれず、随分と長い間ゴロゴロと重いままなのだ。
仕方が無いので、ギアをニュートラルにしたままトラクタで引っ張って出す。以降、
田植えは極力慎重に微速で行い、終了したら即座に洗車して、ベルト周りやベアリングに
異常がないか確認の上、リンケージにも速やかに注油。以前も、この部分まで水没
させたことがあり、その際はテンションクラッチのアイドルプーリーのベアリングが
固着してしまい、走行ベルトも千切れかけた。いずれにせよ、水没は思った以上に
後々への影響がある。スタックした後はそのまま使うのは極力避けた方が良い。


こちあらは田植え機を通さなかった部分。 
導線の関係上、問題の無い深さの個所もあるが、そこはまあ仕方がない。
 
20170509_165058.jpg
 
単独で補植するには結構な面積だったので、後日、手伝いに来てくれた方々と
一緒に植えた。深すぎるので、みなさん田んぼ足袋を履かず、作業着をまくって
素足で植えていた。ごめんなさいね。来年はもう少しどうにか出来ると良いのですが。
 
実は、この区間、昨年はだいぶ乾かすことに成功していた。だったら大丈夫なのでは
ないかと思われるだろうが、同時に宿根性の雑草もそれなりに多発したので、冬の
敢えて全体間に深く耕起して、塊茎を凍死させる作戦に出た。そして春の状況は
昨年と同じに戻る、と。こうなるのは意味最初から知っていたというか。
それでも、田植え機をスタックさせるのは嫌だ。来年までにボロボロになりつつある
車輪を交換して、少しでも走破性を改善しておこうかと思っている。

半端な区画はテキトーで良い

| トラックバック(0)

イネの苗は、しばらく前にビオトープへ投げ込んでおいたので、育苗に使っていた
スペースを片付ける。

20170503_111555.jpg
 
で、放置するのも勿体無いので、小さな畑にすることにした。
とは言っても、すぐに何かを植えるという予定も無い。従って、ここにあれこれ
資材を突っ込むというのも得策では無い。
 
 
この日は、周辺の草刈りも行った。そこで、畑にしたい場所の周囲から刈り取った
雑草を集めて、鋤き込むことにした。
 
20170503_111646.jpg
 
土手からも、レーキで草を集めて引っ張り上げる。細かくすれば軽いので、さほど
苦にはならない。
  
 
ナイロンコードやら自走式の草刈り機を使い、この程度の細かさにしておいた。
本当は、しばらく乾燥させてから鋤き込んだほうが良いような気もするが、
まあ何かを作付けるにしても先になるだろうから、このまま突っ込んでしまおう。
  
20170503_120227.jpg
 
それなりに、集まってきたところで・・・

一日中、同じことをしていて良いという日があるのなら、やはり溝掘り・・・。
と言うか、今後は田植えまで野菜に注力をしたいということもあり、畦や溝の整備は
ここらでひと段落とさせておきたい。
 
出来れば、稲刈りが済むまでもう溝掘りをしたくない。そこで、底ざらい。

20170501_113813.jpg
 
相当な深さになってきた。そろそろ隣接する田んぼと水面は同じ高さになる。
そうなると、深水管理などは昨年よりもやりやすくなる。そして、渇水になった際でも、
簡単に田んぼが干上がること事も無い。
ここでその理屈を説明するのは割愛しておくが、覚えておくと良い。
 
掘りこむついでに、昨日刈りこんだ草の後片付け。(側溝に落ちた草)
 
20170501_113826(0).jpg
 
これを放置すると流れが滞る。側溝は、常に水が流れている状態を保っておきたい。
流れが無ければ、地下から染み出してきた水を引きだすことが出来ないからだ。
つまり、転換畑の排水維持という面からも、田んぼへの水供給という面からも
非常に重要なのが、こういった日常管理なのである。
 

今日は、側溝全体を掘りこんだので、溜まっていた水が落ち、湧水区間の水深も
浅くなった。そのついでに、水の湧きそうなポイントを更に深くしておく。 
 
20170501_182316.jpg
 
写真左側点前の部分。ここは、粘土層をブチ破って砂が出てくるまで掘り抜いた。
深さにして、腰のあたりまで。区間によりけりだが大体1~1.2m。
流石に、水が沢山ある状態ではそこまで掘るのが困難なので、こういう作業は
気付いた時に一気にやってしまうのが良い。
 
だが、没頭し過ぎた。ここへ移ってきて一番作業着が汚れたかもしれない。
しかし当分溝掘りをしなくて良いかと思うと、ドロドロになったとしても清々しいものだ。

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">