千葉県で田舎暮らし・新規就農者のブログ-田舎日記の新規就農

千葉県で新規就農を果たした若者の新規就農の軌跡を、BLOGでお伝えしています。千葉県での新規就農を目指している若者の参考になれば幸いです。

新規就農者ブログ

2013年6月

#576 よく見てみよう

| トラックバック(0)

6/18(火)
・チェーン除草四反
・草刈り(ヤブ化した田んぼ一反)
(他、雨のため雑務処理)


6/19(水)
・追肥(魔の田んぼ・小さいほうのザル田・小さいけどまともな田んぼ)
・畦畔修正
・チェーン除草四反
・草刈り(耕作放棄地)

6/20(木)
・畦畔修正(大きい方のザル田)
・チェーン除草一反
・手取り除草三畝

6/21(金)
・チェーン除草二反
・手取り除草2畝


草刈りと草取りばかりの時期に入った。
午前中作業を済ますと、午後は雨といった天気が続き、思うようにはかどらないが、
そのおかげで田んぼが干上がる事も無い。
 

草刈りをしているときは、しばしば虫の襲来に遭う。
18時から日没直前までは、特にまとまってくる。皮膚が露出している箇所ばかりを
集中して刺されるため、耳たぶなどは痒いのをお通り越して熱く感じるほどだ。

虫の来襲がきついです.JPG
 
しかし、始めてしまった作業を中座させると後の作業に影響が出るので、その場を
投げ出す訳にはいかない。この田んぼには匍匐性の雑草もはびこってしまったため、
地ギワから刈らなくてはいけないが、蒸し暑さで大汗をかく中で、顔面に飛んでくる
泥、そして虫とあってはもう不快というレベルを通り越して発狂しそうな程だ。
作業が終わって、帰ってきたときの安堵感もそれ相応。

虫への対応としては、まず、虫除けスプレーを衣類に滲み込ませる。そして、作業着を
しっかり上まで閉めて襟を立て、手ぬぐいを頭から両耳と頬が隠れるように垂らし、
首筋まで覆う。その上で着帽。厚手の皮手袋なら、大型のアブでも容易には貫通出来ない。

先週は、ようやく田植えが落ち着いた。
残すところは後一枚。こちらは月末の予定なのでもう流しモードで良いだろう。

田植え一段落のお知らせ.JPG
 
モチ米の苗はギリギリ。今年は余る苗が殆ど出ないように調整した。
これはこれで博打のようなものだが、正直、用意するのがもう億劫で仕方が無かった。
 
他、一連の作業は以下。

・6/12(水)畦畔修正三反五畝、代かき仕上げ三反五畝、チェーン除草一反、
        追肥(コシヒカリ/ボカシペレット40Kg/二反)

・6/13(木)雨、消耗品の買出し、漏水箇所補修、代かき五畝(代行)

・6/14(金)チェーン除草二反五畝、田植え三反五畝、

・6/15(土)肥料散布120Kg(三反五畝/ボカシペレット80Kg、水稲用
        有機肥料20Kg、魚粉ベース20Kg)チェーン除草二反、手取り
        除草(アシカキ/スズメノヒエ)、草刈り(畦畔/法面二反五畝、
        休耕地の導線及び法面

・6/16(日)やそはち受け入れ、手取り除草四畝、

・6/17(月)チェーン除草三反五畝 畦畔修正五畝(代行)、田植え五畝(代行)、
 
 
要塞田んぼの水路側は、今年も畦畔板を挿す。
雨もあり、水位は順調に上昇。

畦畔板きました.JPG

二枚で100m強。この作業を想定して事前に準備していたので、今回は非常に
挿し易かった。

本日(17日)より、中干し期のため用水は暫く止まる。今のところ全ての
田んぼの水位は問題なし。

毎度、当ブログをお読みくださりありがとうございます。

表題のとおり、これより暫く(数ヶ月)の間、ブログ記事へのコメント受付を
中断させていただきます。

これまで、有意義な情報や激励のお言葉、様々な質問などを読者の皆様からいただき、
それらについて誠意を持って対応してきたつもりですので、非常に残念ですが、ここの
ところ海外からと思われるスパムコメントが一日に40件以上も書き込まれるように
なり、毎日削除しておりました。しかし、どうやら増える一方のようです。

コメントを止めると、過去のコメントまで読めなくなってしまいますが、どうぞ
ご理解をお願い申し上げます。

尚、どうしても質問やご意見などがある方は、引き続き私のPCまで直接ご連絡
くださいますようお願い申し上げます。
 
 
平成25年6月12日

人見 太郎

#574 雨待ち

| トラックバック(0)

6/5(水)
・チェーン除草二反
・草刈り四反
・仕上げ代一反五畝

6/6(木)
・田植え一反五畝
・畦畔修正三枚
・肥料散布40Kg(即効性魚粉ベース)
・チェーン除草三反

・6/7~9
どうしても外せない所用あり、仙台へ出かける
 
6/10(月)
・チェーン除草三反五畝
・肥料散布40Kg(ボカシペレット)
 
6/11(火)
・チェーン除草二反五畝
・代かき三反五畝

 
前回の更新から、あっという間に一週間が過ぎた。
三日ほど作業を空けてしまったので、巻きなおさねばならないが、どうにも
体が重い。いよいよ疲労が蓄積してきたか。休日扱いの三日間も気分転換には
なるが、別に疲れが抜ける訳でもない。もう一頑張り出来るよう、出来るだけ
雨の日は回復に専念しよう。
 
雨・・・そう、ここのところは雨が降っていなかった。
農業用水もなんだかチョボチョボしか出ない日が多く、要塞田んぼでは
少々困った事になっている。

 
ここは、本来湧き水のみで栽培が可能な田んぼだが、湧き水をせき止めるダムの
作りこみが甘く、ダム部より常時若干の漏水が起きている。その若干の水が
抜けているせいで、田んぼの水位を思うように上げられない。

水はあるのに水不足.JPG
 
代かきを行ってみたものの、水が乗りきらない。これでは整地も田植えも困難だ。
雨が降って水量が増えたら、水の通路を改善し、畦畔板を挿しておこう。
 
 
要塞田んぼ上の段は、比較的水を保っている。
 
上ならいけるのでは.JPG
 
けれども、やはり少々足りない。
こちらも畦畔板で対応する必要はあるだろう。
 
 
最もヤバいのは、棚田の一番上。 
ここは、湧き水スポットと田んぼを文理していないので、どうしても湧き水のみで
栽培する事は出来ないのだが、用水の圧力が足らず、まともに水が上がってこない。
 
ここは溜め池にでもすべき.JPG
 
水などまるで溜まらない。一応、資材だけは投入してあるため、意地でも植えて
やろうかと思っているが、すぐそこに水があるのに、なんという事だろう。
それに加えじきにこの辺りは強制中干しで用水の供給自体が暫く止まる。
用水費を払っているのだから、排水溝をせき止めてポンプで水を上げるの癪だ。
ならば、まとまった雨が降るのを待つ他には無い。

そもそも当地には潤沢に水があるのに、ことごとくそれをドブに流し、わざわざ遠く
から農業用水を圧送してくるシステムのほうがおかしいのだ。出なくて困ることの
無いように管理するというのが一番まっとうであろう。だったら、この@てっぺんの
生産性の良くない田んぼなど、溜め池にでもしておけば良いのだ。

ここまでが昨日の話。
作業が終わる頃、雨が降ってきた。どうせならもう少し早く降れば良かったのにと
思うが、こればかりはどうしようも無い。むしろ降った事に感謝しなければならない。
とかく、梅雨時期とは思えない程雨が降らなかった。
毎年天気がおかしい。
季節相応の気象はこれまで生きてきた中でしっかり刷り込まれているのに、
毎年どこか狂っている。このままでは季節感がどんどん薄れてゆく。
それでも暮らしてはゆけるのかもしれないが、なんとも寂しいものだ。

6/4(火)
・予備モチ米苗の酢酸処理及び苗代投入
・チェーン除草二反
・種蒔き14枚(ミルキースター)
・代かき二反
 
 
なんというか、育苗と田植え準備と除草。
五月上旬からダラダラ一ヶ月以上も田植えを行い続けるスタイルであるが故、
やたらとやる事が多い。とは言っても、この時期に種蒔きをするのは異例の事。
植えれるのかは知らないが、一応急に増えた田んぼ用に苗だけはこさえておかなければ
ならない。いい加減、育苗作業の手間は少なくしたいので、一反分に必要な最小限の
枚数で終わらせた。

もう嫌になってきました.JPG 


今日は暑かった。これ位の気温が続くなら、路地でも苗は三週間もせずに植えれる
状態になるだろう。そうすれば、六月下旬植えに間に合う。
種モミの浸漬は、外で行うと水温が上がりすぎるので、風呂場にタライを置いて
毎日冷たい井戸水を入れ換えて行った。こうすれば、常時20℃以下で管理出来、
病害の発生も回避することが出来る。ついでに、浸漬中にも酢酸処理を行っている。
 
尚、実験としてイネばか苗病の発生が多い自家採取モミも酢酸処理して、一枚だけ
播種をしておいた。浸漬の段階から処理を行った場合、発病が減るのかどうかも
検証しておこう。
 
 
今年は種蒔きを何回行っただろうか。
毎回季節も違えば培土の調合も品種も違う。そう考えると一年で人の何年ぶんも
色々な経験が出来ている。別に儲かりはしないが、それはそれでこれから先に
結びついてゆくことだろう。

・・・でもやっぱりもう種蒔きはやりたくない。やりすぎた。

#572 色々試し過ぎ

| トラックバック(0)

6/2(日)
・やそはち受け入れ
・草刈り(半放棄地、圃場内一反)
・苗代及びの酢酸処理
 
 
6/3(月)
・知人が田んぼに落とした乗用田植え機の救出
・チェーン除草三反五畝
・肥料撒布180Kg(ボカシペレット80Kg+下旬植え予定田んぼへ苦土石灰
 100Kg)
・半耕作放棄田んぼの耕起2反強
 
 
さて、酢酸処理とはなんぞやと。
なんのことはない、食酢希釈液を苗にかけただけのこと。
それなら、いつも種蒔きの時にしているじゃないかって?

今年は苗代で、イネばか苗病が多発したためだ。例年ほとんど出てはいなかったのだが
知人から譲ってもらった、とある品種の種が、かなり保菌していたようで、苗代に
投げ込んである他の苗にまで感染が広がった。温湯消毒と、発芽時の酢防除だけでは
どうにも防ぎきれなかったらしい。
 
 
ばか苗病というのは、写真右のような症状。イネが黄色くなって徒長し、植えても
まるでまともに生育しない上。酷い時は枯れる。気になってはいたが、どうやら
放っておく訳にはいかないレベルにまで達したようだ。


発病苗.JPG

苗箱全体に広がることは無いが、発病苗があると、田んぼに植えてからも他の苗に
感染することがある。これが出ると、苗はまあ見苦しい。他所の農家さんにもクスリ
かけろと言われる始末。まあ、これでは仕方がない。 


たいがい植えたら枯れる.JPG
 
なんとかしたいのはやまやまですが、農薬を使わないのが身の上。これにもかける
訳には・・・。という訳で、調べたら酢酸処理である程度防除出来るとのことだった
ので今更、苗代にある全ての苗に食酢希釈液(400倍)をかけまくる。

5/30(金)
・通い農の知り合いの代かき二反
・チェーン除草二反
・米の発送準備、袋描き、梱包(四件計50Kg)

おかげさまで、予定通りコメの在庫は無くなった。
ご購入していただいたお客様に感謝。
 
6/1(土)
・肥料散布四反五畝(5枚・ボカシペレット120Kg+生ヌカ20Kg)
・チェーン除草三反
・要塞田んぼのダム修正
・草刈り四反(主に畦畔四枚)
 

田植え開始から、それなりに時間が経過した。
相変わらず作業はしんどいが、今年は昨年よりも雑草管理がマシになったらしい。

もうレンズダメかも.JPG
 
この魔の田んぼは、特に草が少ない。
しかし映り込む汚れが最近特に酷い。いくらレンズの外側を掃除しても直らないので
もうダメかもしれない。
 
とにかく草は出ていない.JPG
 

田面も、水が濁っているせいで上手く映らないが、とにかく草(コナギ)が少ない。
この水が濁っている状況を続ける事が出来ればだいぶ雑草が抑えられるのは以前
から経験していたが、タイミング良く濁らせる事と、濁りが持続するようにする為に
何年か試行錯誤している。
 

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">