千葉県で田舎暮らし・新規就農者のブログ-田舎日記の新規就農

千葉県で新規就農を果たした若者の新規就農の軌跡を、BLOGでお伝えしています。千葉県での新規就農を目指している若者の参考になれば幸いです。

新規就農者ブログ

2010年1月

#146 書くこと

| トラックバック(0)

先週の、検査結果が出た。
特に疾患はなく、ハウスダストや花粉のアレルギー反応有りとのこと。
体そのものは、これまでと別に変わりはないようで胸を撫で下ろす。

ただし、それだと今回の不調の原因は何だったのか解らないままだ。
引き続き、食生活と運動習慣に気を遣うことは言うまでも無い。

思い返せばここ3ヶ月くらいの間、これまで何年も継続してきた習慣が途切れていた
のかもしれない。ストレッチ・筋トレ・そして日記・・・。
これらを怠った事で、自らの動きが緩慢になったようなのだ。
 
 
それで、日記についてである。今は主にこうしてブログをつけるようになっているが、
これは農作業記録であって、自分は本来ボールペンでレポート用紙の表裏を使って、毎日
なにやらたくさん書いていた。ちなみに今日書いたのはこれくらい。

紙と薬は仲良しだ.JPG

びっしり書かれた紙と薬は恐ろしく似合うが、別に苦悩はしていないのでご安心を。
 

ダラダラと何か思いつくまで、その日の出来事を羅列しているかと思えば、鬱積がひどく
溜まっていたりすると、41行の用紙の表裏どころか、3枚にわたるまで書いていた事も
ある。要は、その日その時に気づいた事を思い出して具体的に考えてみたり、問題意識の
はけ口とするために書いていたようなのだ。(今日書くまで、それも考えた事は無かった)

#145 田んぼの耳掻き

| トラックバック(0)

今日は管理機での作業。
地面がゆるく、トラクターを通すと落ちてしまうところはそのまま残してあったので、
ちまちま耕す。

あと少し.JPG

本来、水田で使うような機械ではないのだが、補助輪を装着してやれば、
多少ぬかるんだ場所なら作業可能。但し、露骨に水が張っていたり、踏んでみて水が
滲みだすような所では、やはりもぐって動かなくなるが、軽いので、人力でアシスト
を行えば、たやすく脱け出せる。

耕深は深めにセット。重たい土なので、負荷がかかり過ぎないか気になったものの、
充分粘り強くて一安心。手元が暴れなければ、しっかりイネの株をひっくり返して
埋めていく事が出来る。相変わらず、長い残渣は正逆ロータリーに激しく絡んでくるが、
それは作業能力の高さと引き換えなのかもしれない。

体調はゆるやかに回復傾向。奥の田んぼで溝掘りを再開する。

それでも奥の田んぼの上2枚は手付かず。ここをどう処理するか思案が続く

午後2時の境界線.JPG

ここは陽が当たらない部分が広く、そこはたいがい乾いていない。
山と田んぼの間には緩衝帯も設けていないので、常時水も沸いてくる。

#143 実は不調です。

| トラックバック(0)

昨日、久々に医者にかかった。
どうも、年末位から体調の優れない日が多いのだ。

常にけだるく、やけに火照る時間がある。眠っても回復しないどころか、いつまでも眠い。
特に疲れたと感じている時は、眠ると喘息気味になる。そうやっているうちに、どんどん
体力が衰えていくようだ。

勿論、色々とやるべきことはある。けれども、それは体が動く前提でのこと。
いつまでもこうしてはいられない。とにかく調べなければ。

おくすり.JPG

それでも、体温・血圧・血液の主な成分も正常値の範囲だそうだ。ただ、米の発送が
メインになった時期から、体を余り動かさなくなったせいなのか、血中の中性脂肪と
血糖値が増えていたのは気になる。それでいて、体重は減少している。
このまま放置すれば、なんらかの生活習慣病になってしまうかもしれない。

・・・もともと、そんなに荒れた食生活はしていないつもりだが、特にここ数日は体が
玄米や野菜しか食べる気がしない。そして、年明けからタバコや酒もあまり欲しくなら
ない。この機会なので、タバコは止めてしまおう。どうせ一日5本くらいだったし、
お金も勿体無い。酒は、一人では飲まないようにしよう。
夜、小腹が空いたのなら昆布でも噛んでいれば良いだろう。

もっと良く調べる必要があるので、もう一本採血し、痰も3本採った。結果は一週間後。
 

そんな訳で、昨日今日はおとなしく読書をしたり、眠って過ごした。
食事も控えめにしたら、だいぶ良くなった気がする。あとは回復に合わせて、少しずつ
運動量を元に戻していこう。

#142 傾向と対策

| コメント(2) | トラックバック(0)

相変わらず、田んぼの水が落ちきらない。

ここは、趣味の古代米を植えていた田んぼ。
何もしなくても水が切れる事は無いので、年中湛水という変わった管理になっている。


冬季湛水.JPG

ここに水を張ったままにしておくと、隣接する田んぼには当然水が浸み出て行くので
この時期の水は、用水路に流れ込むようにしておかないといけない。

#141 オヤジの勝ち

| トラックバック(0)

ガンダ屋の近くまで行ったので、挨拶がてら顔を出す。
父が様子見に来ており一緒だったのだが、ガンダ屋のオヤジの話が
面白いらしく、随分と長居してしまう。

年初のごあいさつ.JPG

今日は重機の整備をしていた。相変わらずの様子だ。

#140 手作業の意味

| トラックバック(0)

奥の、段々の田んぼの水が落ちきってていない。
ここは、陽も当たりにくく、清水も沸いてくるやりづらい場所。

昨年、ものすごい勢いで雑草を出してしまったので、本来ここを一番
手入れしたいのだが、いかんせんなかなか手が出せない。

毎度の溝掘り.JPG

今日は、四枚あるうちの、下から二段目に溝を掘る。
思えば、通年こんな作業をしている。

#139 忘れていたこと

| トラックバック(0)

作業場がいっぱいになってきたと書いていて、ふと思い出した事がある。
それは、この生コン事務所は二階建てで、一階の部分しか使っていないということ。

そういえば、入居以来、上の様子を見に行っていない。
もう暗くて寒いけど、ちょっと除いてこよう。


人、住んでるの?.JPG

二階には、外の階段を上って入る。
それにしても不気味。この暗さで見ると、ただの廃屋ではないか。
住んでいる人間としては、少々ヘコむ。何とかせねば。

#138 手入れの季節

| トラックバック(0)

ここのところ、米の袋詰め作業が少なくなったので、米を置いている場所を変更。
と言っても、機械の群れと場所を入れ替えるだけだが。

すでに狭く感じる.JPG

機械と乗り物を追い出すと、こんな感じ。久々に部屋がスッキリとして見える。
年末に出来なかった部分の掃除もしっかりと。

実家の近くの知り合いが、酒蔵見学に行くというので、一緒にどうかと連絡をくれた。
場所は、こちらから、車で20~30分の所。

農薬を使わずに栽培した米で、昔ながらの製法を再現した醸造方法を行う
面白い酒蔵なので、以前から気になっていた。
友達にも久しぶりに会えるし、一石二鳥。これは願ってもいない。

聞けば、その友達は酒蔵の主とは親戚に当たるという。なんとも世の中は狭いものだ

良い景色.JPG
敷地の中は、このような感じ。なかなか良い雰囲気。

天気の良い日が続く。

作業して田んぼを見回って帰り、家の外でコンプレッサーの手入れをしていたら、
親切なおじさんから電話がかかってきた。

『今、時間ある?ちょっと手伝ってもらいたいんだけど。』

丁度畑も借りた所だし、年始の挨拶に行こうと思っていたので、手伝うことにした。

田んぼに砂を入れる作業。これはバケット付きのトラクターが便利なので
呼ばれた訳だ。

砂山.JPG

 
この時期は、田んぼに土が盛られている光景をよく見ることが出来る。
田んぼは耕作しているうちに、次第に高低差が出来たり、深い部分が出来たりして
管理がしにくくなってくる。そこで、何年かに一度、砂を入れて均しを行ったりする。

#135 泥初め

| トラックバック(0)

乾いたところから、田んぼを耕す。

土をひっくり返して、雑草の種を寒風にさらして枯死させるのが主な目的。
荒くて良いので、ロータリー、車速ともに最低にセット。機械への負荷は必要最小限に。

初仕事.JPG

カチカチに締まっていると思い込んでいたのだが、そうでもない部分もそれなりに。

#134 貧乏人の戯言

| トラックバック(0)

暮れに、やり残した作業は車の手入れ。
作業に出るのから、毎日の買い物、遠くまで出かけるのにも、これに乗らない日は無い。
随時手入れはしているものの、少しでも燃費を良くしたり、長持ちするようにと更に
小細工を加える。軽トラにはETCも装着した。


おもちゃっぽい方の軽が、今年21歳。7年前に、廃車予定のものを3万円で購入。
軽トラは19歳。一年前に13万円也。

走行距離は、2台を足すとこの一年間で3万キロを軽々と超えている。

ゲタの手入れ.jpg

車齢20年前後になってから、年間2万キロずつも走行が伸びていくなど、
車自身が思ってもいなかったことだろう。けれど、まだまだ走ってくれそうではある。
 


こんな調子なので、随分前から新車に興味がなくなっている。
なにしろ、リッター20キロも走る車が3万円で買えたのだ。税金も安いし乗っても
面白い。ついでにひどく珍しい。現代の車と衝突したら勝ち目は無い。

15万円あげるから、これを廃車にして新しいのを買いなさいと言われても
断固お断りである。自分のしていることだってエコだと胸を張って言える。

・・・自分がメーカーを辞めてしまった理由が、みなさんには伝わったでしょうか?

 

エコに囚われずに話を続けよう。
色がチグハグだとか、シートが破けているとか、少し気になる部分は出てきたけれども、
ずっと使っているとよく馴染んでくる。
この感覚は、気に入った古着を着続けるのにも似ている。

《道具であって服のようなもの。》

そんな目でポンコツを見ると、世界が変わってくるかも知れませんよ。

#133 念頭所感 

| コメント(2) | トラックバック(0)

いつもお読みくださってくれる皆様、
明けましておめでとうございます。
今年も駄文にお付き合い頂ければ幸です。
 


ところで、年末年始は実家に帰省していたが、自分でも驚くほど何もしていなかった。
そして、夜更かしをして風邪を引き、3が日は眠ってばかり。写真は一枚も撮らず。
 

一昨日、休めたような違うような落ち着かない気分で帰ってきた。
今日、知人と初詣に出かけ、やっと年初の気分。
 
 

そういえば、会社にいたころは、出勤初日には《念頭所感》という、経営者の
有り難~いお言葉の詰まったビデオを皆で見ることがお決まりだった。

これは、見てもなんだか会社を取り巻く情勢や切り盛りの大変さは、せいぜい
おぼろげにしか想像できない。自分にとってはどちらかというと、年の始まりを
噛み締めるためにあるようなものだった。サザエさん見て日曜終わり・・・みたいに

解散した後、眠い目をこすりながら、ボケーっと階段を登って、タバコ吸ってメールを
確認して・・・。いつもの一日が始まる。始まりがあれば終わりもある。

今はどうだ・・・全ての選択は自分の感覚で行わなければいけない。
経営?真っ赤です。焦り?はぁ、そのまあなんというか、あんまありません・・・。
とりあえず、みなさんのお陰もあって生きてますので。 
 

本来、不精な性分。こういった何かきっかけが無ければついボーっとしようとする。
しかし、どこか妙に真面目な部分があるため、せめぎ合いが起こり、時間を浪費する。
最終的にアクションはするものの、動きが遅れたぶん、余計な負荷がかかる。
そして、それが片付くと、疲れてサボる。そしてリズムを失い体調を崩す。
 

今年もちょっと始動が遅れた。
力まず、ムラの無い生活をしたい。あまりキチキチせずとも、作業を着実にこなせる
ようになりたいと、ありったけの小銭を賽銭箱に投げ込んで、しばらく目を瞑った。

 
 

きっちり風邪が治るよう、今日はもう眠ろう。

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">